ゴルフの歴史・ルール

ゴルフの歴史やルールなど

ゴルフはどんなスポーツでしょう。ゴ・リュウフという中国の人が始めたという都市伝説もありますが、実際にはヨーロッパにて600年ほどの長い歴史があるスポーツです。他のスポーツとはちょっと違い、暗黙のルールのようなマナーや紳士のたしなみが必要なところもあります。プロの選手のゴルフを見に行ったらショットの際に写真を撮ったり声を出してはいけない暗黙のルールがあります。
ここではゴルフとはどんなスポーツなのか、ゴルフの歴史やマナーを少しだけ紹介致します。

  •     ゴルフってどんなスポーツ?

  •     ゴルフの歴史

  •     ゴルフのマナー

■ゴルフってどんなスポーツ?

ゴルフは、選手は1人ずつスタートします。1人、18ホールを1つのボールを打って進み、カップ(ホール)に入れるまでに何打かかるかの打数の少なさを競う競技です。

パーというのがそのコースでの標準クリア基準でそれよりも1打少ないのがバーディ、1打多いのがボギー、2打はダブルボギーと言います。1打で入れることをホール・インワンと呼びます。

またパーより 2打少なくホール・インすればイーグルです。つまりパー 3のホールでイーグル=ホールインワンです。

なかなか聞きませんがアルバトロスというものもあり、達成で考えられるのはパー4の第1打目(ホールインワン)、パー5の第2打目で入れるとアルバトロスです。なかなか達成できませんが日本では数例ありました。


■ゴルフ場のコース

ゴルフ場は通常18ホール(カップ)あり、この1つ1つのホールを1つの区切りとしての単位とし18ホールを終えた時点での合計得点の少ない方でで勝敗を決定します。遊びでやる場合はハーフ(9ホール)などで終わらせる時もありますが公式には18ホールが基本です。

1ホールのうちには「フェアウェイ:芝生が整地されているところ」「ラフ:芝生が少し伸びているところ。」「バンカー:砂地」「池」「木」「グリーン」などいろいろな配置があります。基本的にはフェアウェイを狙い、スムーズにグリーンに乗せカップインすることを目指します。バンカーなどの砂地に入ると出すのが大変なのでショットがかさみます。

こうして各ホールごとにプレーを行うゴルフには、大きく分けて2つの競技形式があります。
競技の仕方としてはホールごとに競う場合もありますが、ほとんどが18ホールの合計で競い合います。

■ゴルフの歴史

ゴルフ発祥の地としてはスコットランドなどのヨーロッパ諸国が推測されるのですが、現在はスコットランドとする説が有力とされています。現在のイギリスにあたります。

初期のころは石ころを木の棒で打っていたようですが、次第にボールが革になり、ゴムになり、場所も整地され時代とともにゴルフは進化してきました。19世紀半ばにはほぼ現在の形のゴルフと変わらない形式になったとされています。

セント・アンドルーズ(St. Andrews)はスコットランドのファイフにある、北海に面する 町で  あり、ゴルフの発祥の地として知られています。

 

■ゴルフの服装・マナー

14世紀から羊飼いが遊びでゴルフの原型を楽しんでいたようですが、貴族社会もありましたのでこれがスポーツとなり紳士淑女のものへと変わっていきプレースタイルも変貌していきました。裕福な人々、紳士淑女のになったゴルフはプレー以外にもマナーとして様々なことが求められるようになりました。テニスと同じく服装が厳しく定められております。近年でこそ少しマシにはなりましたが、

シャツは襟付、シャツの裾だしは厳禁。短パンの際はロングソックスを履く。などの規定があります。

また、服装以外にも競技をする上でマナーとして求められているものには、

  •     ・他のプレーヤーのプレーの邪魔になることをしてはいけない。
  •     (ヤジらない、プレー時に声をかけない、動いて集中力をそがさない、など)
  •     ・迅速なプレー進行を心がけなければならない
  •     (後に回ってくるプレーヤーがいますので、移動を迅速に、素振りは適度に、状況やクラブ判断を早く行うなど。)
  •     ・他のプレーヤーに影響が出ないようコースを元に戻す。
  •     (ディボットやグリーン上に出来た損傷の復旧、バンカーの整地など)

などの気遣いが必要です。

■フォルクスワーゲンゴルフはなんでゴルフなの?

車名の由来はドイツ語で「メキシコ湾流」を示す「Der Golfstrom」(ゴルフシュトローム)。英語の「The Gulf Stream」(ガルフストリーム)に当たる。

同時期に発売された他のフォルクスワーゲンのモデル(シロッコ、ジェッタ等)に風の名前が付けられているのに対し、「ゴルフ」の名は海流の名称に因んでいる。しかしメキシコ湾流の成因の一つは貿易風とされているため、風と全く無関係の言葉ではない。(なお、貿易風はドイツ語で「Passat」(パサート)となり、これはVWの中型セダンのモデル名でもある。)

また後に発売されたVWの一部モデルにスポーツ関連の名称(キャディ、ダービィ)が付いており、前述のポロもスポーツのポロの意味に取れることから、「ゴルフ」もスポーツのゴルフに因んだものとする説もある。実際にゴルフGTIにはゴルフボール型のシフトノブを持つものも存在する。

なお、北米市場においては初代が「ラビット」、2-4代目が他国と同じ「ゴルフ」、5代目で再び「ラビット」を名乗っていたが、6代目で「ゴルフ」に戻されている。-wikipediaより

 

●参考

日本ゴルフ協会

ゴルフのエチケット
http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch100/ch100.html

プレーについての規則
http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch300/ch300_index.html

 

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ゴルフルネットはいろんなゴルフに関する情報をお届け致します。

ページトップへ